RSS | ATOM | SEARCH
2020年7月予約状況

◆ 2020年 7 予約状況

 ご予約が入っている時間を入力しています。

 

今月も引き続き各部屋オゾン発生器設置、

入店前の検温測定及びアルコール除菌徹底等の

衛生管理、室内換気を徹底し皆様をお待ちしております。

 

お客様へのお願い

ご本人及び、ご家族の渡航歴がある場合は

2週間の健康確認をされてからのご利用をお願い致します。

ご来店の際はマスクの着用を必ずお願い致します。

当面の間、カフェルームの代わりに縁側かレセプトルームにて

お茶のお時間をお過ごし頂きます。

 

夏は畑仕事がほとんどお茶の(休憩)時間になってしまいます。

それでも夏野菜は有機の土壌が行き届いていると

勝手に土が育ててくれるので沢山の収穫を楽しむことが出来ます。

ありがたいことですね。

養生プラスのコースを是非体験してみて下さい。(要予約)

旬の野菜たちの滋味深い薬膳スープは腸を整え美肌に導き元気の源となります^^v



 1日(水)暴風雨後の庭メンテナンス
 2日(木)11:00-13:30 15:00-18:00
 3日(金)定休日
 4日(土)11:00-12:30 14:00-17:00
 5日(日)11:00-14:00 
 6日(月)11:00-14:00 16:00-18:30
 7日(火)11:00-12:30
 8日(水)メンテナンスのお休み
 9日(木)
10日(金)定休日   

11日(土)農業研修の為お休み
12日(日)11:00-14:00 
13日(月)11:00-13:30
14日(火)11:00-14:00 
15日(水)
16日(木)11:00-13:30
17日(金)定休日
18日(土)
19日(日)11:00-14:00
20日(月)
21日(火)
22日(水)市行事会議の為お休み
23日(木)
24日(金)定休日
25日(土)

26日(日)11:00-14:00

27日(月)11:00-14:00
28日(火)
29日(水)

30日(木)11:00-13:30

31日(金)定休日

 


ご予約の目安にご利用ください。
ご予約が確定次第、順次入力して参りますが未入力予約が発生している場合もございますので、ご希望の日時がお決まりになりましたらお早目のお電話をお待ちしております。

 

⇒ ご予約は 079-(563)-8338 までお電話下さい。

( ※ 尚、ご予約はお電話のみでの受付とさせて頂いております。)

author:Chia.H., category:予約状況, 16:34
comments(0), -, - -
2020年8月予約状況

◆ 2020年 8月 予約状況

 ご予約が入っている時間を入力しています。

各部屋オゾン発生器設置、入店前の検温測定及びアルコール除菌徹底等の

衛生管理、室内換気を徹底し皆様をお待ちしております。

 

お客様へのお願い

ご本人及び、ご家族の渡航歴がある場合は

2週間の健康確認をされてからのご利用をお願い致します。

ご来店の際はマスクの着用を必ずお願い致します。

当面の間、カフェルームの代わりに縁側かレセプトルームにて

お茶のお時間をお過ごし頂きます。

 

今年はコロナウィルスの影響で夏祭りもイベントも軒並み中止の夏になりました

今までの慣習が一度壊されて新しい形が始まる年だと言われていますが

まさに多くの生活スタイルが様変わりしていますね。

心と身体の調子をベストに整えておくことが一層大切な時代になりました。

 

しなやかな心と身体で健やかに暮らすためのお役に立てれば幸いです。

 



 1日(土)14:00-17:00
 2日(日)11:00-14:00
 3日(月)16:00-18:00
 4日(火)
 5日(水)

 6日(木)15:00-18:00
 7日(金)定休日
 8日(土)農業でお休み
 9日(日)11:00-14:00 
10日(月)
11日(火)11:00-14:00 
12日(水)11:00-13:30
13日(木)11:00-13:00 13:00-15:30
14日(金)定休日
15日(土)
16日(日)11:00-14:00 
17日(月)11:00-13:30
18日(火)
19日(水)
20日(木)11:00-13:30
21日(金)定休日
22日(土)農業教室の為お休み
23日(日)11:00-14:00
24日(月)
25日(火)
26日(水)            

27日(木)11:00-13:30
28日(金)定休日
29日(土) 

30日(日)11:00-14:00

31日(月)16:00-18:00

 


ご予約の目安にご利用ください。
ご予約が確定次第、順次入力して参りますが未入力予約が発生している場合もございますので、ご希望の日時がお決まりになりましたらお早目のお電話をお待ちしております。

 

⇒ ご予約は 079-(563)-8338 までお電話下さい。

( ※ 尚、ご予約はお電話のみでの受付とさせて頂いております。)

author:Chia.H., category:予約状況, 00:00
comments(0), -, - -
ハンカチで簡単にしっかりマスク

こんにちは。4月になりました。

エイプリルフールですが私は嘘をつく習慣がないので…

あ、↑の一言が嘘でした(笑)

 

マスクのお話は本当です。良ければお試しくださいね。

 

どうしても使い捨てのマスクでないと…という時のために

外出用に貴重なマスクを取っておきたいというお声が多いので、

日常生活で簡単に毎日洗えて、でも苦しくなくて、

さらに使い捨てマスクよりもガッツリ何重にもなっているので

花粉症の症状がむしろ楽になるというハンカチマスクをご紹介します。

 

|戎擇糧遒笋靴砲覆辰討い襪弁当包みにも使えそうな薄手の昔ながらのハンカチを用意(タオルハンカチは不向き)

 

∋藩兀僂澆了箸ぜ里謄泪好で良いので洗濯して3枚用意

 

△離泪好を2枚はゴムの部分をマチごと切り離す(ハンカチの耳ゴムとその予備に使う)

 ゴムを切り離した鼻ワイヤー付きのマスク部分2枚はハンカチに織り込むので取っておく

 

ぅ魯鵐チを半分に折りたたむ

 

キい涼羆にワイヤーが来るようにのワイヤー付きマスクを端から横長に2枚並べる

 

Νイ鯲悗良分がワイヤー部になるように5僂らいの幅に帯状にたたむ

 

ЛΔ領消爾ら耳ゴムを通し丁度挟んだマスク1枚分の所で左右を折りたたむ

 

┃Г涼擦なの端をマスクが入っている方に挟み込むと2重になった細めのマスクになる

 

そのまま耳にかけてから重なる部分を分厚い方を上に薄い方を下にずらす

 

一旦外して立体的にワイヤーの中央部を指で形を整えたら完成

 

写真がないので分かりにくいかもしれませんが時間が出来たらそのうち写真付きで紹介出来たらと思います。

 

この上に△罵儖佞靴浸弔蠅1枚をカバーとして付けるとどんなハンカチを使っていても見た目が白いので気になりませんし、ハンカチマスクが立体的なので重ねても空間があり呼吸は楽で、でもハンカチなので普通のマスクよりも外側の密着感があるので花粉症対策にも実際自分の体験ではこちらの方が断然楽です。

 

気になる方はこのマスクにティートリーなどの精油を1滴つけるだけでちょっぴり殺菌効果を感じられるかもしれませんね。

 

日常使いには使用済みのマスクをカバーにしていても実際にはハンカチマスクが何重にも保護しているので使い捨てマスク程度の効果は期待できますよ。

 

持ち合わせのマスクが無いという方は是非お試し下さいませ。

 

 

 

 

author:Chia.H., category:お店のこと, 21:50
comments(0), -, - -
安心感についての考察

昨年からブログの更新がまったくと言っても良い程出来ていなかったのでHPを観に来て下さっている皆様にはつまらない思いをさせてしまい大変恐縮しております。

 

そして、久しぶりに何を書くかと思えば安心感についてだと?

動きの無いHPは不安だったぞ!

そうお叱りを受けても仕方ないですが…

写真は庭と駐車場をつなぐ扉。本文とはあまり関係ないですが。

 

今朝、届け物が届いたのです。

インターホンに映る男性は黒い猫さんの宅配でいつも来てくれる方でした。

「ありがとうございます。」

と受け取りに出てきた私にその方がおっしゃいました。

 

「○○○クビになって郵パックになりました(笑)」

 

(?あ、そういえば服装が少し違うかも?)

「クビって^^;転職されたのですね。」

 

「いや、本当にクビ切られましてん。

あそこ、下請けを全部クビ切ってますねん。」

 

「そ、そうなんですか。。。会社が大変なのかしら。。。でも、なんだかゆうパックの方が堅そうで安心感ありますよね。」

 

そんな言葉が咄嗟に口をついて出ました。

何か気の利いたことを言わなければと条件反射的に思ったのかもしれません。

不意に返事に困るような報告を受けると

いくつになってもどんな経験を積んできても適当な言葉しか出ないものだと

我ながら引き出しの少なさに何とも言えない気持ちになりました。

 

そんな私の言葉に男性は

 

「そうかな?うん。そうかもしれませんね。確かに。確かにそうかも。こっちのほうが堅いかも知れんわな。」

といつもの穏やかな笑顔で言いながら荷物を渡してくださいました。

 

「これからもよろしくお願いします。」

という私に、

 

「ここら辺はずっと回りますので。よろしくお願いします。」

と帰られました。

 

 

堅そうで安心感あるってなんだろう。

机の脚とか、椅子の脚?

何かの土台に使う石?

自分で言いながら言葉にするとなんだか変なの、と思いました。

 

お昼ごろにお店の前を掃除しようと門に出たところ、

田んぼの向こうになんだかぐったりと座り込んでいる高齢のご婦人が視界に入ってきました。

 

5分くらい掃除しながら観察していると

結構、グラグラ揺れながら大きくため息のようなものをついている様子です。

気になる。倒れるのではないかしら。。。

 

大丈夫かな。。

とても気になります。。。

 

座り込んでいる畑の主のおうちの方ではないし、

隣近所の方でもありません。

 

他に人がだれも居ません。

 

車が一台横を通過したけれど見向きもしなかったのはきっと見えてなかったのでしょう。

 

でも、ゆっくり休んでいるだけかもしれないし、

ただ、思いつめたように座りたいだけかもしれないし。

さらに、数分経ちました。

 

なかなか歩き出しません。

あ、オデコに手を当てだした。。。

がっくり下向いちゃった。。。

 

余計なお世話と知りつつもテクテク歩いてその方の傍へ。

 

「こんにちわ。大丈夫ですか?お困りでないですか?」

 

「あ、ありがとう。わざわざ来てくれはったん?すみませんね。ありがとう。

大丈夫。ホンマありがとうね。」

 

そういってへたり込んだまま、手をひらひら振って見せるその方に

 

「大丈夫だったらよいのですけれど、ごめんなさい。突然声かけてしまって。。。

あの、本当に?困っていませんか?」

 

「休んだら大丈夫。ホンマにありがとうね。」

 

そうおっしゃるのでぺこりとお辞儀をして戻ってきました。

 

身体を扱う仕事に携わっているからというわけでなくて

なんだか不安だったからついおせっかいを焼いてしまったのでした。

 

戻って、振り返るとご婦人はゆっくりゆっくり駅のほうへ歩いて行かれました。

 

私が声を掛けなければもしかしたらもう少し休憩してらしたかもしれないのに

変に声を掛けたから動かずにいられなかったのかもしれないと少し後悔しました。

 

あの方は声を掛けられて果たしてこの地域に安心出来たのかしら。

それとも、安心して道端にへたり込むことすら出来ないわとザワザワした心持ちで帰られたのかしら。

 

私はあの方が景色を楽しんでいたり、携帯を触っていたり、歌でも歌っておられたら安心して放っておけたのかしら。

 

安心感ってなんだろう

 

ふと感じた昼下がりでした。

 

でも、宅配の担当者は同じ方だと安心感、あります。

こう見えて結構人見知りなので。

 

本当に落ちのないよもやまなお話で失礼いたしました。

 

 

2020/02/14

 

 

 

author:Chia.H., category:よもやまなおはなし, 18:24
comments(0), -, - -
令和2年スタートです。

改めまして2020年子年の東京オリンピックの年が幕開け致しました。

 

明けましておめでとうございます。

 

皆様は年末年始をゆっくりと穏やかに過ごされましたでしょうか。

恥ずかしながらワタクシ、事務仕事を溜めに溜めておりましたので

仕事納めから年を越すまでじたばたと書斎に籠りっ放しでございました。

 

しかしながら神様や精霊やらが宿るこの丘。

運気が下がるような環境で年を越すわけにはいけないと

最低限のお掃除と、神様をお迎えする準備のお花やしめ縄など整え、

あとは書斎に籠るための家族の食べ物をなんちゃっておせち風に数日分用意致しました。

もともと手際が良いわけでもないワタクシですので、何が削られたって睡眠時間が大幅に削られました。

睡眠不足は美容の大敵だってこのたび改めて実感しました…

そして、この年齢になると、回復するのが至難の業だということも再認識する羽目に…

 

とはいうものの、家族も友人も皆つつがなく健やかに穏かな新年を迎えることが出来、

本当にありがたく幸せをかみしめております。

 

写真はお店の床の間に飾ってみたお花。

 

自宅の玄関にもちょこっとアレンジメントを作ってみました。

 

大晦日は恒例の年賀状作成。

元旦は駅前に初詣。

二日は立杭に福風呂敷という陶器の大判ふるまいがあると知り、

好きな窯元さんの作品を風呂敷包みで調達して参りました。

塩田八幡宮さんにも初詣。

そして三日はお店の準備と予約状況カレンダーの入力作業に明け暮れています。

 

そんな平和なお正月もあっという間に終わり、

明日から営業再開です。

 

今年も皆様と共に

楽しく健やかで穏やかな時間を過ごせますように。

 

ご予約お待ちしております。

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

レヴェ店主拝。

 

 

 

 

 

 

 

author:Chia.H., category:お店のこと, 18:12
comments(0), -, - -
今年も秋恒例の陶器祭り行きました

写真は立杭焼きの器で秋のおやつセット

 

こんにちは。お久しぶりです。

9月は丸々恒例の栗拾いとイガの始末などで時間に追われ、気が付くと10月も残すところ10日。

今年の栗は昨年まったく実をつけずお休みしたせいか、落ち始めからふくよかで香りのよい、甘い良い栗でした。

今までは3週間ほどで3000個くらい落ちていましたが、今年はゆっくり5週間かけて1100個程の収穫でした。

 

しかし、重さはしっかりある大きな栗だったので収穫重量は例年の半分くらいという感じです。

写真は収穫したて季節限定の栗カップケーキとイガ栗

 

秋はこうした作業に追われてただでも忙しい中、

敷地内の別邸リフォーム工事やら台風やら有機農業実習やらで

PCと向かう時間がほとんど取れなかったので

ブログもインスタも全然稼働しておりませんでした。

 

しかし、報告したいことは結構沢山ございまして(^^;

数日内にまた畑の状況などアップさせて頂きます。

 

つい先日、蒜山のハービルへハーブの苗を仕入れに行ってまいりましたが、

雨のハーブガーデンはいいものですね。

あいにく携帯を忘れたので写真が無いのが残念です。

ハーブを植えたら写真アップしますね。

 

その翌日、恒例の立杭陶器祭りへ行ってまいりました。

この日も雨の予報でしたが、昼過ぎから本降りとのことでしたので、

早朝から出向き、全ての窯元を回らせていただきました。

 

本当に楽しく目の保養にもなるのですが、

ここでもまた携帯を忘れたので写真無しです。

 

でも、帰ってきて、早速冒頭のお写真のおやつタイムを楽しみました。

全然写真が無かったのでここでパチリ。

 

今回は更新出来なかった言い訳コラムになってしまいましたね。

 

夏野菜の収穫や、大根、レタスの植え付けなど盛り沢山なお話は近日公開ということで

その時はまたお付き合い下さいますようよろしくお願い致します。

 

追加筆。今年の栗の写真を追加で。

 

茹で蒸して剥いたものはおやつにぺろりと食べてしまいます。

毎朝、落ちたてを拾い、新鮮なうちに蒸してその日のうちに頂きます。

多いときには100個くらい。今年は一粒が大きかったです。奥の柿と茄子と比べるとよくわかりす。

最後は栗で作ったお菓子。丁度改修工事で職人さんが沢山来られていたので、お茶の時間に出したりと結構重宝しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:Chia.H., category:お店のこと, 17:19
comments(0), trackbacks(0), - -
有機農業教室その6(7月はピーマンの収穫)

さてさて、報告がどんどん遅れておりますが(^−^;

前回の有機農業教室日誌ではジャガイモの収穫の報告までしていたと思いますが、

赤い花は赤いジャガイモ、白い花は白いジャガイモという話をしたと思います。

 

綺麗で、美味しかったですよ。

生で皮剥いたらこんな感じ。

 

白と赤の比較はこんな感じ。

白い方はおなじみのジャガイモです。

 

7月の授業(実習)内容は茄子とピーマンの収穫と9月の大根定植に向けての土作りというカリキュラムでした。

 

私の茄子はぜんぜん小さいままの苗でまだ瀕死の子のままでしたが、数人のベテラン生徒さんの茄子がちょこっと収穫出来る感じに育っていました。そういう立派な苗の周りに集合して、正しい茄子の摘芯?を教わります。

 

茄子の花の直ぐ上の葉と保険でもう一枚上の葉を残してその上の芯芽?を取り除く。といもの。

 

小さな苗に大きめの実がついているのはどんどん鋏で取り除きながら先生は

「こんなのまだ子供なのに子供を産ませようとしているのと同じで絶対にイカン!ちゃんと大人になってから実をつけてもらうこと!」とインパクト絶大でわかりやすい説明をして下さいました。

 

一方、ピーマンの方は初心者の私の畝でも少しは収穫出来ました。

2本の苗のうち、1つは先月の二本仕立てやら三本仕立ての時にどうやらメインの主軸を撤去してしまったようで、まったく実がついていませんでした。トホホ。やっている時には全然気付いていなかったというのが情けない…。

 

で、唯一の苗が大きなピーマンを沢山つけてくれていました。

 

ピーマンは菌に弱いので鋏を使わず、手でヒョイっと実を持ち上げることですんなり収穫出来ます。

脇芽の伸びているところはポキポキ折って取り除くのですが、これは炒めると美味しいとのことで前回同様持ち帰ります。

帰ったころにはしなびていても、水で洗ってしばらくすると瑞々しく戻り、ごま油と生姜、ミョウガ、醤油、豚肉、冷蔵庫の余り野菜で炒めると頼もしい夏の夜ごはんの一品になってくれました。ありがたや。ありがたや。

 

楽しい収穫はあっという間に終わり、最後は固く固まったジャガイモ収穫後のスペースを丹念に耕し、雑草を取り除き、畝を立て、その上にまたもや大量の草マルチを被せます。

 

たったの3時間ですが、服のままプールに飛び込んだかと思うくらいの汗だくになり、夏の農作業の厳しさを思い知りました。

余談ですが、上の写真、青いバケツと水筒のすぐ上が私の畝です。

左側の緑のこんもりしたところが今回の大根用に整備した所。右側の茶色の部分がピーマンと茄子の敷地です。

 

あれから半月ちょっと経つので、近いうちに追加の収穫をしに圃場へ行ってみないとな…

 

#有機農業 #保田農法 #保田ぼかし #有機農業教室

 

author:Chia.H., category:むんちょばすたいる, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
7月の過ごし方

こんにちは。

今年の7月は半分以上梅雨という、なんだか夏らしからぬ気候でしたね。

梅雨が明けた途端に、蒸し暑くなり、奇跡的にこれぞ夏空!という快晴の金曜日、毎年恒例の一日海で遊ぶ日を決行しました。

 

夫に誘われ数年ぶりに海の中に入ったら思いのほか気持ちよくて

浅瀬で冷たい海水と温かい温泉のような海水の温度差を楽しみながら石を拾っては珍しい色だね〜なんて遊んでいました。

 

Tシャツを着ていましたが、それでも日差しと海水でなんだかチクチクしてきたので先にシャワーで海水流して来る!と砂浜の方へ歩き始めたら丸くて大きな石を踏んだので、ふと拾い上げてみるとなんということでしょう!

 

サザエのような形の立派な貝ではありませんか!

わぁ!綺麗な形の貝を拾っちゃった!と思ってひっくり返すと

「うわ!!」

 

 

中からバルタン星人みたいな毛のモジャモジャした何かがこちらに向かって

大いに鋏を振りかざして憤慨しているような…

 

「きゃー!これ、見て!何かいる!中に入ってる!」

と夫に見せると、

 

「お!ヤドカリ君だね。立派なヤドカリだけど、家が小さくないか?」

といいます。

 

「私のこぶしより一回り小さいくらいの家だから結構大きな家だけど?」

 

「いや、ちょっと間取りを見せてもらおう。」

 

そして、ヤドカリ君がちょこっとだけ外にでてきてくれた隙に夫がサイズの確認。

私は初めて「家から出たヤドカリ君」を見てびっくり。

代わりの家がその辺には無いから早くおうちを還してあげなきゃとそばに貝をかざすとパコンと尻尾?で上手にあっという間に家の中に納まりました。

 

一瞬のことでしたが、確かに結構大きなエビのような子でした。

でも、バルタン星人に一番似ていると思いました。

 

きっともう少し、大きな家を探しているうちに人に踏まれるくらいの浅瀬にきてしまったのでしょうね。

遊んでくれてありがとう。

でも、きっと持ち上げられたとき、怖い思いさせちゃったよね。ごめんなさい!

 

 

夏を満喫する1日を過ごし、我が家のサマーイベントは終わりました。

あとは8月。夏のお店のメンテナンスと地域のお祭りのお手伝いを残すだけ。

 

お遊びは終わってしまったけれど、他にも楽しいことはもちろんあります。

今年は畑の作物があるから。

 

 

数日ごとに取れるプチトマト、ナス、ピーマン、キュウリ、ゴウヤ。

あと、びっくりするほど大きくなっているサトイモの葉っぱの観察。

6月は上の写真サイズの葉っぱだったのに

7月上旬にはこのサイズに。

そして、その約15日後にはこのサイズ。

 

右の柵との間隔で伝わるとよいのですけれど、左の石段のところでもわかるかな?

サトイモ、掘ってみた時どんな感じになってるのか興味深々。

 

昨年全滅だった栗の木も今年は沢山毬栗をつけているし、キウイもイチジクも結構実をつけてくれているので、秋の収穫が楽しみです。あ、レモンも今年はソコソコ収穫出来そうな雰囲気あります。

 

7月もあと数日ですけれど、今年も結構盛りだくさんで楽しませてもらいました。

庭も自分達も水分補給をしっかりして、8月以降に備えたいと思います。

 

全然、お店のことじゃないけれど、最後まで読んで下さった方、お店のことカテゴリーでのお付き合いありがとうございました。

 

ムンチョバコラムNO.5

author:Chia.H., category:お店のこと, 17:24
comments(0), trackbacks(0), - -
有機農業教室その5(6月の収穫)

7月の授業の前に6月の収穫報告まではアップしておきたいと思います。

 

今年の梅雨はなかなか来なくて

特にここ、兵庫県三田市は例年、近畿地方が雨予報でも台風予報でも

毎回結構取り残されるというか被害が少ないというか…

ありがたいことも多いのですが、

雨量も超少なく、その割に寒暖の差は朝晩と日中の差が15度〜20度なんてことも

珍しくないという土地柄ということもあり

21日にようやく少し降り、

22日に一瞬のゲリラ雨が降り、

やっとこさの梅雨入りを迎えるまでは

庭の水やりが本当に大変でした。

 

でも、畑は教えに従いきちんと放置プレーでしたので

土もジャガイモとサトイモのマルチ無し地帯はカピカピに乾いていて

本当に大丈夫なのかしらと心配でした。

 

しかし、草マルチで畝間も埋め、畝を立てていないスペースにも草マルチをしてから暫く立つと、あんなに何も出てこなかったサトイモの畝(上の写真右端)も元気がなかった間引きしたジャガイモの畝(上の写真右から3本目の畝)もなんだか緑がしっかりしてきました。

 

写真はサトイモの葉が出始めてから雨が降り、緑がしっかりしてきたところ

 

同じ班のおともだちから

「24日の梅雨入り直前に学校の圃場へジャガイモの収穫しに行ってきます。」

「雨の前に収穫した方が良いと先生が仰っていたので…。」と聞いたので、

 

その翌日の25日に慌てて仕事終えてからの16時過ぎに

私も学校の圃場へ行き、ジャガイモ掘ってきました。

 

写真はカラッカラに土が乾いた学校の圃場。紫の花の芋は紫色で、白い花の芋は普通の白いジャガイモでした。結構沢山でワクワク♪

 

ジャガイモの収穫なんて生まれて初めてだったので

スコップでホジホジしたり

しっかりした茎を引っこ抜いてみたりしながら

これで正しいのかな?と思いながらの収穫。

 

白いジャガイモは茎から離れて土の中に埋もれていましたが

紫色のジャガイモはしっかりと茎にくっついて引っ張るとそのまま塊で採れました。

紫の方が、苗に大きめのが沢山ついていました。

 

収穫して帰ろうと車まで戻ったところに雨。

ギリギリセーフ!いや、ネコからジャガイモをネットに容れている最中だからギリギリアウトか…。

セーフだろうがアウトだろうが構っていられず

 

大急ぎで帰宅して、雨はどんどん強く降りだしてきましたが、

うちのジャガイモも超特急で収穫しました。

 

写真は収穫後、果樹の木陰で雨から守りどうにかこうにか持ち帰った自宅のジャガイモと夏野菜。

 

間引き苗の方は大降りになった為諦めましたが

ついでにピーマンとプチトマトも初収穫。

自宅のおじゃがは大きいのと小さいのの差が大きくて次からは一苗に茎2本ばかりにしてみようと思いました。

土ももっと耕さないと固すぎる土の中では作物も大きくなれないことを痛感しました。

 

収穫したら早速ジャガイモの味見がしたくて夜ごはんはポトフにしたのですが。。。

食べすぎました。(笑)

有機農法だから美味しいのだと思うけれど、

自分で育てたジャガイモだと思うと感無量で無条件に美味しいしかなく、

客観的な分析などとてもじゃないけれど出来ませんでした…。

 

 

この後、プチトマトは少しずつ色づき、小さなキュウリも出来始め、茄子も1本小さな実をつけているので

収穫できる日が楽しみです。

 

#有機農業 #保田農法 #保田ぼかし #有機農業教室

 

author:Chia.H., category:むんちょばすたいる, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
6月の楽しみ(ドクダミ調理)

先日、「むんちょばすたいる」で6月の楽しみ(ドクダミの収穫)を書きましたが

今回はドクダミの調理が楽しいというお話。

 

毎年ドクダミ味噌は作っていましたが、

今回はドクダミの胡麻味噌にしました。

 

材料)新鮮なドクダミ(花が咲いて元気のよい緑の美しい茎と葉と花全部)

   キビ砂糖(適当)

   すりごま(沢山・山ほどお好みで)

   日本酒 (砂糖がしんなり溶ける量)

   有機味噌(適宜)結構少しでいい味出ます

 

作り方).疋ダミをよーく水洗いしてみじん切りにする

    鍋に,隼弔蠅虜猯舛垢戮篤れる

    弱火で中身をかき混ぜながら気長に全体が黒っぽくなるまで火を通す

    い垢戮討飴状にまとまるくらいで火を止め冷ます

    ヌ封容器に入れて冷蔵庫に保存

  

適当なレシピで恐縮ですが目分量と自分の好みの味加減で毎回つくるのでこんな感じです。  

 

このお味噌、冷奴にもキュウリにも茹でたジャガイモにもお餅にもなんでも合います。

胡麻の香りが香ばしくて美味しいですよ。

ホウレンソウの和え物にもおすすめです。

 

お茶は乾燥して焙煎して保存しますが味噌やチンキには新鮮なものを使うのでドクダミを暮らしに取り入れるならお茶よりも手軽に始められるのではないでしょうか。

 

写真はドクダミ茶を焙煎しているところ。

 

 

ムンチョバコラムNO.4

author:Chia.H., category:お店のこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -