RSS | ATOM | SEARCH
栗の木のある暮らし
写真は9年前に剪定した数十年の年輪の枝の切り株のついた栗の木
栗の木と暮らす日々も早いもので9年目を迎えました。
これからの季節、葉がどんどん落ちて栗の木は裸になっていきます。
春になると伸び伸びと枝を伸ばし
美しい黄緑色の葉を次々に生み出します。

ニョロニョロした毛虫のような白い花が咲き

沢山の蜂たちに受粉を手伝ってもらいます。

 

初夏になると小さい赤ちゃんイガが生まれます。

なんど見ても本当に可愛らしい姿でこの時期のイガグリが大好きです。

この小さな小さなイガの赤ちゃんがだんだん「らしく」なってゆくのですが

その様子を見ていると「生きてる」エネルギーが伝わってきて元気をもらえます。

 

夏はその葉の量にびっくりします。
黄緑色の柔らかい葉が濃い艶やかな緑色に変わる頃
風にユサユサと揺れる栗の木は庭に涼しい木陰を提供してくれます。
栗の木に一番驚いたことはその重さと固さ。
越して来た年に大きな枝を数本剪定してもらったのですが
庭師さん達がトラックに積めないからと丸太のまま庭の端に置いて行かれました。
翌年、庭の半分を造園するために移動しようとしたところ
乾燥した栗の枝の丸太はずっしりと重くなかなか持ち上げることが出来ません。
小さくすればいいかと思い、鋸でギコギコしても歯が立たず
結局数メートル引きずってオブジェ風にまとめたのですがびっくりです。
毎年あれだけ沢山の実をつけるのだから当然といえば当然なのでしょう。
ヤワなカラダじゃ木の方もきっと務まらないのでしょうね。
実を拾うほうも 気合を入れて挑まないと務まらず
手が痛い 腰が痛い 足が痛いと 痛いだらけです。
斜面に踏ん張り
長靴でイガを開き
トングで実をひろい抱えている籠に入れ
さらにトングでイガを袋に捨てるの繰り返し。
でも イガから 顔をのぞかせる 艶のある栗を見ていると
「 あぁいいなぁ」とどんどん情が湧いてきます。
栗 農家ではないのでそこまでの水やりもしていないし
手間も他の作物と比べて、案外かからないような気がします。
虫や 台風などに気をつければ すくすく良い子に育ってくれます。
ご飯に入れたり 焼き菓子に使ったり スープにしたりと
今年も そんな季節になりました。
タケノコと同じように口に入るまで手間と時間がかかるけど
それだけに味わい深いし季節を感じる逸品となります。
人類で初めてこれを拾って食べた人ってイガから出してそのままかじったのかな?
歯が折れたのではないだろうか。
 

写真は初夏に生まれたばかりの赤ちゃんイガと秋に落ち始めた完熟の栗の実

 

コムンチョバコラム20

 

JUGEMテーマ:日記・一般

author:Chia.H., category:お店のこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
秋だけど夏の大祓いの思い出

写真は秋の御神輿行列

 

 

この町に越して来たのは夏真っ盛りの7月でした。

この、昔から伝わる「 夏の大祓」という儀式をこの町に越して来た年に、越してきて間もない頃に体験しました。

 

神社には立派なのぼりが立ちのぼり お神楽が周り 縦笛の音とお囃子が鳴り響く…

まるで黒沢明監督の映画のワンシーンのように感じたことを覚えています。

 

お店は神社と同じ丘にありすぐ横隣なので、お神楽が神社への奉納の舞いを済ませると一番最初に 来てくれます。

越して来たばかりの私たちは参道や通りに出てきて見守る方々に交じって見学しながら

自分達の店にもお祓いをしてもらうにはどうすればよいのか、お祭りのマナーは誰に教わればよいのかと

焦って 近所の方にどう振る舞えばいいのかを尋ねて走り回ったことを思い出します。

 

心付けは 半紙にくるむことも この時教えて頂きました。

水と火の御札をいただくのです。

本来は台所に祀るそうです。

各地区の揃いの浴衣を着た若い衆は暑い中、

汗だくになりながら朝から夕方までかなりの広範囲を廻られて、

これが2日間続くのです。

 

昨年あたりから聞こえてきた噂では

やはりここでも 後継者となる若い衆が いなくて 練習できない時もあるそうです。

 

7月過ぎあたりから 夜になると ♪ ピーヒャラピーヒャラ♪ お囃子の練習が聞こえてくるのですが、

これを聞くと夏だなぁ としみじみ感慨深い思いに浸ります。

こういう伝統文化はどうにかして継承していって欲しいと心から思います。

 

お店がある丘はこの神社と神社に隣接したお稲荷様と参道沿いのお地蔵様が集まって居られる神様の丘となっています。

その有難い神聖な丘に私たちの店があるということが本当に奇跡だと感じています。

街中なのにこの丘には自然の生態系がそのまま存在しています。

小鳥たちが、虫たちが、爬虫類が、小動物たちが、自由に穏やかに共存している風景の中、神々に感謝する行事が脈々と受け継がれているということに日々感動するのです。

 

 夏の行事の中には地蔵盆というものもあり婦人会の方々がお世話されています。

このお地蔵様、なんと 江戸時代から あるそうです。

風景や 風習がひとつになって素敵な街が いつまでも続いて欲しいと思うのです。

 

だいぶ秋らしくなってきましたが うっとうしい暑さも 去ってしまえば 寂しいもの。

またピーヒャラ♪が聞こえる夏が恋しくなります。

その代わり秋にはお神輿のお祭りでここの神社に集まるそれは圧倒される光景です。

 

秋の御神輿。。。

夏の思い出を語っているうちに

今年もそろそろそんな季節になりました。

 

 

コムンチョバコラム19

 

JUGEMテーマ:モブログ

 

 

 

author:Chia.H., category:お店のこと, 20:53
comments(0), trackbacks(0), - -
今頃になって蚊取り線香
写真は秋津窯に特注して作った蚊取り器。香炉としても使える。
台風も何個も来て、各地に爪痕を残し、急激に朝晩が涼しくなり、最高気温も25℃とか言い出す今日この頃。
先週くらいから出番がちらほら。うちではここにきてようやく本番を迎えた感のある蚊取り線香。

今年は 命に係わるほどの暑さが全国的に続きましたが、そのせいか 蚊が少なかったように思います。
蚊は35℃以上だとバテバテで活動しないと聞きましたが…さて?

確かに6月、7月、8月は例年に比べると日中ほとんど蚊に遭遇する事無く、朝晩の庭仕事の際にチョロッと数時間使う程度でした。

今はいろんな香りの 蚊取り線香があるので、庭のあちこちに置いてお香のように楽しめます。
一番好きなのは白檀の香り。
何とも言えない 少し宗教的なというか 厳かな香りが 大好きです。
ラベンダーやカモマイル、ローズといった華やかなハーブ調の香りも悪くないのですが
白檀の香りが庭から漂ってくるとなんだかとても落ち着きます。
結局毎年 11月ぐらいまでは お世話になっている 蚊取り線香ですが
数年前から芝刈りや草引きの時にちょっぴり贅沢して 
業務用と言うか プロ用と言うか …
極太の「野外用藪蚊撃退蚊取り線香」を使っています。
これが効く!本当によく効く!効き目抜群なのです。
確かに 「プロ用」 ですね。
少し高いのかもしれないですけど。
香りも スタンダードのような微妙に少し違うような なんだか「その気」にさせる 匂いです。
庭師か林業のプロになった「気」に させてくれる 代物です。
でもこれ 森の中で働く本物のプロたちは どんなものを使っているのだろう?
もっとすごい特別な蚊取り線香があるのかな?
一般には売ってない「すんごくけむけむでモクモクの超極太」があるのかな?
気になるところですが そろそろ夏も終わり 秋の虫が 鳴きトンボも稲穂の上を飛んでいます。
そういえば 蝉の声って ある日突然 パタッと 聞こえなくなったな という気がします。
それなのに今頃になって、朝から晩まで蚊取り線香のお世話になっている今年はやっぱり異常気象なんでしょうね。
屋内にも縁側にも玄関にも庭にも趣のあるアクセントになります。
コムンチョバコラム18
author:Chia.H., category:お店のこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
風鈴は楽器のよう

写真は明日香村で見つけた南部鉄の鐘と篠山で見つけたお気に入りの和紙灯

 

お店には3つの風鈴があります。
南部鉄。
エッジの効いた清んだ音色。
まっすぐ通る音。
音量もあり重さもあるのがいい感じ。
あの、風鈴の糸の先につける風受けの紙。
風をもらいすぎず払いすぎずの形、良いのないでしょうか?
たまに見かけますよね。
ぐるぐる回ってすさまじく鳴り続けてる風鈴。
紙の真ん中をくりぬいたり、ひし形にしてみたり。
いろいろやってはみましたけれど、なかなか。。。
 好みを言わせてもらえば
ふわっとチリーンと鳴ってくれるのがいいかな。
南部鉄の鐘は美しい大きな音色が素敵だけれど、
風が強くて鳴りすぎると凄いことになるのです。
火事の警報かってくらいにカンカンカンカン…
ガラス。
普通にそこかしこで売ってる懐かしいあの音です。
色鮮やかで涼しげで、この音と麦茶があってスイカとくれば日本の夏。
こちらは音よりむしろ見て楽しむ為の風鈴なのかなと勝手に思っています。
聞き慣れた音だし夜にも耳にやさしい音。
ちりりん…
焼き物。
知人の陶芸家が作った風鈴の音に惚れ込み初めて焼き物風鈴を入手。
サスティーンも短く輪郭もはっきりしていて
その上、手触りも優しい。
風受けには和紙を使い、雰囲気もバッチリ。
古民家とかそんな感じの空間に合いそうな。
お店は築50年の建築物をリノベーションしているので
今はこれをメインに鳴らしています。
チンーッ…
外国では風鈴みたいな何か、あるのだろうか?
南米、北米 、欧州 、アフリカ…
各国の 夏の風物詩ってなんだろう?
さぁ、まだまだ9月は夏のなごりで蚊の季節。
蚊取り線香炊いて
風鈴の音聞きながら
縁側でまったりと皆様をお越しをお待ちしております。
コムンチョバコラム17
author:Chia.H., category:お店のこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
お祭りの味

写真はおにぎり三兄弟

 

三田祭りの花火も終わりましたが

私たちの自治会区の夏祭りは三日後。

 

さて、まず最初に何いきますか?

 

お好み焼きに決まってる。

たこ焼きを食べないと始まらない。

どう考えたってチョコバナナ。

いやいや王道 焼きそばです。

冬祭りなら じゃがバター。(私、道産子なもので…)

唐揚げを忘れるな。

シシカバブーっていうのもあるよ!

まずは焼き鳥、 気持ちを落ち着かせてから 次に たまごせんべい。

 

などなど、人それぞれ ルールがありますようで。

 

どちら様も一発目が大事ですよね。

出鼻をくじくと後に引くから。

 

かといって、空いてる店を狙っても

それはそれで少しばかりここで良いのか?と不安が残る。

迷う、 悩む 、迷う。。。

 

お祭りだから早く先に進みたいのだけど

この先にはきっと楽しいものがいっぱいあるので

焦ってるんだけど、だけど一発目が決まらない((笑))

 

兄弟だとケンカが始まり夫婦だと言葉が荒くなる。

おっ、ジャンボウインナーが呼んでいるぞ!

ケンカしてる場合じゃない。

あの香りは夏の香り。

お祭りの香り。

 

関西出身ではない私にとってお好み焼きはお祭りの食べ物。

当然、平日のランチで食べるものではない。

と思っていたから最初はびっくりしたものです。

 

ご飯と一緒に食べるなんて!

 

ここ数年でよく見かけるのが

お祭りなのにコンビニのおにぎりを食べてる人。

これこれ、あなた、おにぎりは明日にしなさい。

 

コムンチョバコラム16

author:Chia.H., category:お店のこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
非常時の食べ物を考える

写真はごまたっぷり卵掛けごはん

 

 

皆様、非常食は用意されていますか?
乾パン、缶詰、カップ麺、 ドライフルーツ。。。
電気がなくても ガスがなくても 水がなくても 食べられるもの
というのが非常食としては定番ですが、
できれば少しでも美味しいものが嬉しいですよね。
さらに消費期限内に消化しないと無駄になるので、
備えるだけでなく普段の延長で食べられるものを選ばないといけません。
子供の頃試しに非常用だという乾パンを食べた時は
パサパサしてなかなか飲みこめず不味かった!
今のカンパンはどうだろうか?
少しは美味しくなっているのだろうか?
缶詰は今のはプルトップだから缶切りなくても大丈夫。
ゼリー状の物は便利で素早くカラダに吸収されるらしく
非常食には良いそうです!
アスリートが取ってるアレです。アレ。
そのうちうどん味とかカレー味とかでてくるかも知れないと予測しています。
宇宙食のように。
でもどんなに美味しくても味にバラエティが合っても
宇宙食も非常食も飽きるらしいと風のうわさで聞きました。
やはり食事というものは
家庭で作る日常の料理というのが 一番美味しいようですね。
漫画ではこんな時こそお母さんに感謝しろ
なんて言うシーンもあるらしいですから。
商品名にもなんとか風ってよく記載してありますよね。
手作り風。
みりん風。
プロの味。
家庭の味。
本格派シェフの味。
お母さん手作り風(ありそうな無さそうな)
お父さん手作り風(無いような…残念)
さて、皆さんなら非常食にどれ買いますか?
今回の2018年集中豪雨では
私たちの住む兵庫県三田市のように水害事態の被害は小さかったのに
近隣の土砂崩れや道路の陥没などで主要な道路が寸断され、電車も止まり、
数日間陸の孤島となった地域もニュースになならないものの
以外に多かったのではないでしょうか?
そこでこんなコラムが浮かびました。
被害にあわれた多くの被災者の方々には
心よりお見舞い申し上げます。
復興もその後の酷暑に阻まれ、
今も尚、生活の立て直しがきかない方も相当数いらっしゃる中、
のんきなコラムで大変失礼いたしました。
コムンチョバコラム15

 

author:Chia.H., category:お店のこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
琉球ガラスに魅せられて
写真は琉球ガラスの器に盛られたレヴェ特製養生デザートセット
この夏、琉球ガラスはいかが?
先日の沖縄滞在でのお話。
色鮮やかな琉球ガラスのグラスで飲んだ泡盛は強烈でした。
琉球ガラスの涼しげなグラスに入っているだけで
酒に弱い僕が43℃の泡盛でも飲めちゃいそうだなと思ったのが イケなかった!
ぐいっといったはいいけれど
味がよくわからないままフワッとなって
気付けば仲間の誰かが代わりに飲んでくれていました。
琉球ガラスのグラスはいかにも爽やかで洒落ていて
「こちらの飲み物はサラッとしてますよー」と言ってるようで
中身の本質を見誤らせる小悪魔的な感じがします。
爽やかな 飲み物に 見えてしまうから ついつい グイッと。。。
やらかしてしまいました。
沖縄という地は海のイメージが強いので
焼き物の陶芸よりガラス細工工芸が映えるような気がします。
グラスの種類は沢山ありますが
皿や器モノは意外に少ないようで結構探し歩きました。
色合い、形、サイズのどれもがしっくりくるものを見つける過程はとても楽しくてワクワクします。
旅先での探索ならなお楽しくて、見つけた時の嬉しさもヒトシオです。
厚手のガラスが多いので手でガシッと掴めるものを
それでいて繊細な
デザートをやさしく美味しく包んでくれる器を。。。
で、ありました。見つけました!!!
美しい鮮やかな深い青、手ごろな大きさ、そして質感。
どんなときも海を思い出させてくれる「青」。
夏の間はこの器で皆様にデザートをお届けすることになるでしょう。
お楽しみに。
コムンチョバコラム14
author:Chia.H., category:お店のこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
7月・8月のお休みのお知らせ

写真は京都大原三千院。雨に苔むした庭がとても美しい。

 

ここ数年、お店のお休みのお知らせが予約状況カレンダーの記載のみとなってしまい、皆様にはご不便をお掛けしておりました。

今年も早いもので後半折り返し7月半ばとなってしまいました。

 

レヴェのお休みは予約状況のカレンダーでもお知らせしておりますが、

夏は特にお休みが多いので(実は9月も少しお休みしますが、それはまた改めてご案内いたします。)

ちょこっと「お店のことブログ」でもご案内させて頂きます。

 

実は今年、地域行事の役員当番年度に当たっておりまして、

様々なイベントのお手伝いや主催をするため、お店をお休みしなくてはいけない日が増えております。

 

7月は19日(木)20日(金)の連休。

    27日(金)28日(土)も連休を頂きます。

 

8月は三田祭りのお手伝いで3日(金)4日(土)が連休。

14日(火)〜18日(土)の5日間は区の夏祭りなどのお手伝いでお盆休みを頂きます。

 

そして夏が来ると1年の折り返し地点ということで残り半年分、

年末までのご予約を入れてしまわれるお客様もちらほらと出て来られます。

夏以降はとくに行事が多いのでレヴェをご利用になりたい時期が皆様重なる傾向にございます。

リフレッシュやメンテナンスに行きたいなと閃かれた時はどうぞお早目のご予約をよろしくお願い申し上げます。

 

店主拝

 

 

author:Chia.H., category:お店のこと, 23:02
comments(0), trackbacks(0), - -
我が家は玄米ブーム
写真は庭の一角に無農薬のちび畑を作り始めたころの畑
いきなり冒頭からの手前味噌ですが、我が家の玄米ご飯がとても美味しいのです。
三田産減農薬こしひかりの玄米というものをJAから調達した日から玄米の虜になっているのです。
まずは玄米だけで炊いてみたところ、これがつくづくしみじみ美味しかったのです。
なんとも甘く、噛むほどに旨い。炊き立てなのでパサパサせずに本当に美味しいと感じたのです。
その日から我が家は玄米。
お弁当は玄米だけだと冷めた時にパサパサになるので白米を0.5カップ、玄米1カップ、赤米・黒米・キヌア・モチ麦・ヒマワリの種など集めてきた雑穀を我流にブレンドしたものを0.5カップ。
合計2合を玄米熟成コースというボタンを押すだけで炊飯器が見事に炊き上げてくれています。
皆様は玄米ってどんなイメージ持ってますか?
カタイ、パサパサ、ニガイ、カラダに良いのは知ってるけどチョット…。
普通の白米より炊くのがめんどう。。。
あれってお坊さんご飯でしょう?
虫がつきやすいんじゃない?etc...
これまであまり良いイメージを聞くこと、なかった気がします。
確かに炊き方は難しいと実感しました。
炊飯器に炊いてもらうにしても、水加減がメモリ通りで良いかというと案外そうでも無かったですし。。。
水加減、 研ぎ方、 炊き時間に蒸らす時間。
あれこれ工夫しながら、今は炊飯器でもブレなく美味しい玄米ご飯が炊けるようになりましたけれど。
米類は 一発勝負。厨房仕事は気合と勘が必要だと思っておりますが、玄米相手に持論が脆くも崩されそうになりました。
まあ、勘は確かに必要でしたが、気合が通用するわけでもなく、とにかく経験を繰り返すことで安定した美味しさを追求することにしたのが勝因でしょうか。
玄米は精米していないので、繊維質も栄養分もしっかり残った完全食品といえるアミノ酸集合体です。
野菜や果物の多くは皮の裏側に栄養を沢山蓄えていますが、お米も玄米で食べる方が断然多くの栄養補給が出来るはず。
ところが、近年のお食事事情をみると野菜もお米も作物の多くは一番栄養のある場所を捨ててしまう料理法が多いですね。
「意識高い系」<揶揄の意味でなく>の番組や栄養学に携わる多くの人々は昔ながらの「丸ごと全部食べましょう」という提案をしていますし、そのまるごと食べる為には農薬も控えましょう、肥料も化学物質を使わないようにしましょう、と提案しています。
シンプルな形で丸ごと全て食べられるように…ということですね。
残念ながらホウレンソウの根っことか石がジャリジャリしてたり、果物の皮のすぐ下なんて皮をむく時にどうやっても一緒にむけてしまって残そうとすると皮がついていて美味しくない。キャベツや白菜は外側に農薬や汚れが付着しているかもしれないからと何枚も葉っぱを捨ててしまいます。
そう考えると、減農薬や無農薬で作られていても、体にいい事は分かっていても、日ごろの食べ方の習慣から食べない物ってたくさんありますね。
なんとまあ、もったいない。
なにごとも知恵と工夫と技術が必要ですね。
ふむふむ。そうゆうことか・・・。玄米もそうですよね。
初めて炊いたときはビギナーズラックで、偶然最強の美味しい炊け具合でしたが、次は正直言うと散々の炊け方であれれ?となったのでした。でも、最初に美味しいのを食べてるので、あれこれ工夫した結果、美味しくて、ハマッテいるわけですものね。
まず研ぐ時にあんばいを工夫してみたり、炊く時に他の雑穀とも混ぜてみたり。。。
この玄米、ここで満足しかけていたけれど、まだまだ美味しさの伸びシロがあるように思えてきました。
そうだ!土鍋だ!土鍋を使えばきっとさらに美味しいぞ。
これさえあれば。。。という気持ちになってきました。
手ごろなサイズの土鍋が欲しいなぁ。
調べてみると、欲しい土鍋は結構なお値段しますしおまけにこういうのは割れやすいのだよな。
。。。 という感じで我が家の玄米生活、当面の間は試行錯誤が続くでしょう。
コムンチョバコラム13
author:Chia.H., category:お店のこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
養生スープの器を求めて春の陶器まつりへ
写真はやっと探し当てた蓋付スープカップに盛り付けた漢方薬膳野菜ポタージュ棗入り
春と秋、 立杭で陶器祭りが開催されます。
陶器を物色したり展示会へ出向くのは夫婦共通の趣味で、盛り付けるものを新しく開発したり、食材の色にしっくりくる器が棚に見当たらなくなると、その食材もしくはお料理をお客様にお届けする時、心身の養生と共にわくわくもお届けできるような器を求めてひたすら窯元を回ります。
目指すモノが決まっていてもやはり 目移りするものです。
一期一会とはよく言ったもので、目に留まったらその場で手に入れないと、帰りにもう一度寄ってももう売れてしまっていたりするから気が抜けません。
窯元も全部廻らないと損した気になってしまうのはきっと逸品を見逃してしまうかも知れないという強迫観念に似た意識からかも知れません。
ほとんどの窯元で即売会をしていますが、売り子さんは作陶家であることが多いようです。
職人さんの「あまりショウバイ・ショウバイしてない」様子は、なんとなく 「良かったらどうですか」的な感じがして、とても上品で好感がもて居心地が良いです。買い心地も。
当てが無く陶器を見て回っているような時でも、説明は深く掘り下げてしてくれるし、「こんな風に使ってもらいたい」と言う作り手の気持ちも伝えてくれるので、「何を盛り付けようか」と器に合わせた料理を考えてワクワクします。
観て楽しむだけじゃなく器は「使ってなんぼ」だとよく言われます。
一点、一点、手作りされる器達は手に馴染みとても優しい感触。
そういえば、レヴェゲストハウスは建物自体が職人集団の手作りであり、釘の一本、ネジの一個までもが私たちと棟梁率いるリノベーションチームの皆さんとの思い出になっています。
昨今の家は工場で量産したボックスタイプの部屋を現場で組み立てる積み木のようなものへと変化しているようですが、器も今の時代、百均で見栄えの良い同じ形、同じ模様が何個も並んでいます。
しかし、家だって器だってまだまだちゃんとあるのですね。
探せばなんぼでも残っているのですね。
私たちも自分達の手をかけて、これからも丁寧にお店づくりに庭づくり、野菜作り、果実づくりなどなど取り組んで参りたいと、思いを新たに確認できる良い1日となりました。
もちろん、養生スープの為に生まれてきたような器、見つけましたよ。
ちゃんと連れて帰りましたので、手に触れて、養生を体験してみて下さいね。
コムンチョバコラム12
連れて帰った冷めにくく飲みやすい蓋付カップ達は紛れもない逸品たち
author:Chia.H., category:お店のこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -