RSS | ATOM | SEARCH
初夏の風鈴はガラスの音色で涼やかに

風鈴。

ガラス、鋳物、陶器、竹、と結構好きで集めています。

 

初夏は梅雨入り前の蒸し暑さと爽やかさが交互にやってきます。

ガラスの風鈴の優しい音色が良く似合う季節。

 

透明な風鈴が夏の到来を予感させてくれるのでワクワクしますし

控えめなガラスの音色もしっとりと落ち着いた空気感を演出してくれます。

湿度の高さを緩和してくれるような透明感のある音色が心地よいのです。

 

 

最近、お客様にkoshiチャイムというものを教えて頂いたのですが、

テラ・アクア・アリア・イグナスという4種の音色があり、片手に2種ずつ下げて持つと

それはそれは心に響く安らぎのサウンドを奏でてくれる風鈴のようなチャイムでした。

あれもコレクションに加えたいなぁ…

 

季節に合わせ、体調に合わせ、様々な音色を楽しむ風鈴。

 

ガラスの風鈴は6月いっぱいは楽しんで頂けるので

小鳥たちのさえずりと、雨音、カエルの合唱、などと共に

季節の音を是非楽しんでみてくださいね。

 

ムンチョバコラムNO.3

 

 

author:Chia.H., category:お店のこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
旬のデザートはいかが?

 

写真は庭のジューンベリーを食べに来たヒヨドリさん

 

こんにちは。

コムンチョバ氏から引き継いだ毎月2回のコラム。

6月のアップが少し遅れてしまいました。

それというのも…

 

今年は5月最後の週から始まり、6月を迎え本格的に庭のジューンベリーの収穫期がやって参りました。

毎朝、ヒヨドリ達と協議をしながら

 

ヒヨ「人間さんは下の方だけにして下さいね。」

私 「はい。はい。すみませんね。皆さんは上の方の美味しい赤い実を沢山食べて下さいね。」という感じで

 

早朝からオープン直前までザルを片手にせっせと実を摘む季節を迎えておりまして。

 

我が家のジューンベリーの木は毎年7キロ程の実をつけてくれるので

鳥さん達と半分ずつ分け合うことにしています。

 

 

この実、種が多くて味も薄いとおっしゃる方もおられますが、

なんのなんの、そういう方にこそ是非味わっていただきたいデザートがレヴェにはございます。

 

およそ2週間限定の旬のデザートは四季折々の庭の味覚を施術のあとのティータイムでお出ししています。

 

定番のレヴェ特製デザート達もご好評いただいておりますが、

この、幻の旬デザートシリーズは収穫期とご予約のタイミングが合った方のみが味わえるプレミアム感がお楽しみということで

召し上がって頂けた皆様からは大変喜んで頂けます。

 

完全に熟したジューンベリーの実は爽やかな初夏の香りが季節感を届けてくれ

自然な甘みと程良い酸味のバランスが絶妙です。

 

これをコムンチョバ氏が丁寧に仕込みをすることで、色鮮やかで形の美しい艶々のルビーのようなコンフィに仕上げ、その宝石をふんだんに使った「旬の限定ジューンベリーデザート」が完成します。

 

自分が大好物なので、あまり出回っている果実でもなく、食べる機会の少ない旬のベリーでもありますので、

収穫期に限定期間となりますが、レヴェをご利用下さる皆様にも旬を味わい、季節を楽しんで頂こうと召し上がって頂くことに致しました。

 

多分、あと1週間あるかな?という感じですが、よろしければデザートも楽しみにメンテナンスへお越しくださいね。

 

 

 

ムンチョバコラム No.2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:Chia.H., category:お店のこと, 19:09
comments(0), trackbacks(0), - -
お花見の季節

 

お花をもっとよく観たくて...

 

色々と考えたカエルさん。

 

 

もっとも居心地のよい

 

長い時間快適に過ごしながら

 

がっつりお花の香りも楽しみつつ

 

お花を観察出来る場所を

 

見つけたのでした。

 

 

それはそれは夢のようなひとときを

 

うっとりと満喫して居ました。

 

 

 

お地蔵様のお当番は

 

こんな可愛らしい姿に

 

出会えたりするのが楽しみなのです♪

 

 

 

令和元年2本目からはムンチョバコラムをお届けします。

author:Chia.H., category:お店のこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
ひとり送別会(ソロ活)

写真は淡路島で歩いたお気に入りのプロムナード。わが道を行くイメージで。

 

とにかく斬新な送別会。

会社でしてもらえない人のために生まれた新しいビジネス。

様々な理由で送別会をしてもらえないあなた!私たち居酒屋が代わりに門出をお祝いします!というひとり送別会。

ソロ活(ソロ活動)というそうな。

 

業者に頼んで知らない人に門出をお祝いしてもらうという新しいビジネスは、「おひとりさま」という少しネガティブなイメージを払しょくしてポジティブ思考のソロ活動を応援する!というものだそう。

 

転職した若者のケースを放送しているのを見たけれど、退職した会社の帰り道、

  1. 自分で花束を買ってお店に向かいます。 (自分がもらうねぎらいの花束の調達)
  2. 店に入るとすぐに店員さんに花束を渡します。
  3. 店員が席へ案内するとすぐに3名くらいのスタッフもスタッフ数+1杯のドリンクを持って駆け付けてきてくれます。
  4. まずはここで乾杯。

    店員「では、お疲れ様でした。新しいところでも是非頑張って下さい!かんぱーい!」

    若者「ありがとうございます。」(ぐびーっと飲み着席)

    そして先程の花束をもらいます。

  5. 門出の料理が運ばれてきます。 一人で食べて一息ついたところに
  6. お店の方が一言メッセージの寄せ書き色紙を持ってきてねぎらいタイムが始まります。

    色紙には今日初めて会ったと見受けられるスタッフたちが「今までありがとう!君なら新しいところでも頑張れるよ!」

    「一緒に働けて楽しかったです。」「これからも頑張って!」などの一言を寄せ書きしてくれています。

    新しい門出を祝福しつつ、今までをねぎらってくれるのです。

     

    いったい費用はいくらなのか

    そこまでテレビでは教えてくれなかったけれど、結構気になります。

     

    そして彼は満足して次の職場に向かうけじめをつける事が出来ました。と感想を述べ、

    心機一転転職先へ向かう心の準備をして店を後にしました。

     

    会社でしてくれなかった理由は…

    繁忙期だから だそうです。

    独りの方が何事もマイペースで進められるし煩わしさがないからとても良かったと云っていました。

     

    近年、社員旅行や親睦会がなくなったと会社勤めの知人・友人からよく聞きます。

    寂しいという声もありますが、若い人たちからはどうせ参加しないから無くなってホッとしたという声もあります。

    自分のペースであらゆるセレモニーを完結したい人が居るから思いつく人も居るわけで。

    なんとまあ、斬新な!と昭和の私はびっくりするけれどしっかり需要があるのですね。

     

    面白い時代になったものです。

コムンチョバコラム32.   

author:Chia.H., category:お店のこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
大切なものにはカバー

写真は掘り炬燵の和室に床の間に掛け軸というこれまた時代と共に少なくなってきた風景

 

今回はカバーのお話。
昭和40年ぐらいの時代設定のドラマを見ていた時のこと。
主人公の実家の黒電話にカバーが付いてるのを見て
「あーそうだったなぁ…。」と思い出しました。
昔はドアノブや電話、ティッシュの箱など、いろんなものに
おばあちゃんやお母さんがカバーをつけていたような気がします。
それなりに高価なものだったし(ティッシュはそうでも無いけど…)
あの時代はモノを大事に使おうという気持ちが今よりも随分あったのではないでしょうか。
お父さんはお父さんで車のシートやハンドルにカバーをかけていたなあ。
子供等はランドセルにカバーのような雨がっぱ?
のようなもの(大抵黄色かったような覚えがある)を被せていた気がします。
まあ今だって携帯にはカバーを付ける人が多いし、日本人はカバー好きなんでしょう。
そういえば紙袋集めるのも好きだよね。
捨てるのももったいない、いつか何かに使えるからといった
まだ使い捨て文化が無かった頃の名残でだと思いますけど。
なんでも取っておきますよね。
そして何でもカバーをつけるのです。
ジャストサイズのモノが売ってなければ
何でもお母さん、もしくはおばあちゃん、
はたまた裁縫大好きお姉ちゃんなど誰かがカバーを作ってくれたので
家の中、目ぼしいモノには全てカバーがかけられていました。
当時はレースなどが流行っていいたのかあらゆるモノが
ヒラヒラカバーに覆われていたような 気がします。
もう昭和どころか平成が終わってしまう2019年。
平成31年は4月まで。
5月からは令和元年。
お正月のしめ縄を車のナンバープレートにつける日は復活するかな?
あぁ、昭和ってもう大昔なんだな。。。
コムンチョバコラム31. 
author:Chia.H., category:お店のこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
立ち食い蕎麦

写真はそばもうどんも写真が無かったのでラーメン定食でなんとなくそれっぽく。イメージだけですが。

 

 最近東京でのエピソードが多いですがこれまた東京駅でのお話。

 

立ち食いそばといえば

小銭入れから小銭をジャラジャラ取り出して

もしくはポケットからしわくちゃの千円札を引っ張り出して

食券を買って… の筈だと思っていたのですが

昭和のおやじそのもののイメージで時が止まっていたようです。

 

先日、実に何十年ぶりだろう位の久々感で立ち食いそばを利用したところ、

いつのまにか時代はすっかり近未来化していて(笑)

携帯(スマホ)で決済しているじゃありませんか!

 

なんとお洒落でなんてスマートなのだろう!

若い人も、私よりも歳上と見受けられる人も、もちろん同世代も。

正直小銭入れを出して、小銭をポチポチ入れているのは私だけでした。

 

さらに感動的なのは、蕎麦もうどんも種類豊富でとてもウマイ。

一昔、いや二昔前の立ち食いソバの常識を覆すクオリティーの食事が出てくるのです。

美味しい蕎麦やうどんを気軽に食べたい時、

立ち食い蕎麦に立ち寄るのがお洒落にすら思えてくる。

お店に来る人、食べて出て行く人、

皆スマートに朝の忙しい時間にサッと支払い、サッと食べ、サッと移動して。

「あぁ都会的だ…。」 と感じました「(笑)

 

それまで関心の薄かったスマホ決済に非常に興味が湧いた出来事でした。

カードやスマホ決済の便利さを知ってしまったらもう現金には戻れないかも知れませんね。

安全面で言っても現金を持ち歩かない方がいいのかも。

いや、カードを狙われるのも危険か…。

そうすると、案外スマホ決済が一番便利で安全ということになるのかな?

本当かな?

 

オリンピックに向けどんどん変わっていくTOKIO

諸外国から多くの人が来るTOKIO

大きなことも小さなことも進化する様はワクワクします。

 

昔の面影が無くなってゆく様には寂しい一面もあるけれど

その一方で新しい街を早く見てみたいと思った遠い記憶が蘇ってきました。

そう、小学生の頃住んでいた街で冬季オリンピックが開催されることになり

原っぱが舗装道路に変わり、見慣れた家がどんどん取り壊されて無くなり、

オリンピック施設があちこちに建設されて行くその変化のスピードに驚いたのでした。

 

立ち食いそば屋で独り小銭を探しながらそんなことを思い出していました。

 

コムンチョバコラム30.

 

 

 

JUGEMテーマ:モブログ

author:Chia.H., category:お店のこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
お知らせです!

2019年4月からお休みが増えるお知らせです。

 

〜お知らせ〜

 

4月から毎月第2土曜日をお休みさせて頂きます。

メニューに使用する野菜の一部を敷地内の小さな畑でより安心・安全に調達する為、

神付有機農業教室の研修生となり学ばせて頂くことに致しました。

 

皆様にはご不便をお掛けいたしますが、より良いものをお届け出来るよう

しっかりと土作りから学び直して薬膳養生メニューに役立てたいと思います。

定休日以外のお休みが少し増えてしまいますがこれからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

レヴェ店主拝。

 

写真は庭で収穫したジューンベリーと見つけたらすぐに収穫しないといけないフキノトウ

author:Chia.H., category:お店のこと, 17:23
comments(0), trackbacks(0), - -
東京駅のお土産事情

写真は自家栽培のなめこをお土産で頂いた時の原木。今回のお土産はこっち系じゃなくてお菓子の話。

 

お土産事情と言っても

写真のような特産品とか物産展とか道の駅的なものではなく

「なんちゃらバナナ」 とか「なんちゃら饅頭」的お菓子のお土産のことです。

 

東京駅の八重洲口方面に向かっているとき、

たまたま見かけた行列がなにやら超人気商品らしく、

その時たまたま時間に余裕があったので少し観察していると

なんと整理券まで配っているではないですか。

全然知らなかったのに釣られて整理券をもらってしまい、

30分後にようやく買えるという代物を

これまたこんなに待ったし…とついつい5つも買ってしまいました。

 

そうして手に入れたお土産のお菓子は仰々しさもあいまって

「なかなか美味しかった」という記憶が残りました。

 

菓子箱の中に入っている栞なんかも本当に洒落ていて

菓子箱自体も「腕時計でも入ってそう…」な

とてもじゃないけど気軽に捨てるには躊躇するような立派なケースに入っていました。

デザインなんてそれはもう大変です。

今はこれが有名なの?と思って釣られて並んで買おうと思ったのですが

整理券なんてもらったりしちゃうとなんだかありがたみが増すものですね(笑)

 

そして半年後。

さあ「あの流行のお土産」を買うぞ!

意気込んで来てみたら無い。

店がない。

あんまり売れるからもっと広い店舗に移ったのかな?

などと余計なことを考えたりしてなんだか気になりあちこち探してみましたが…

無い。

やっぱり無い。

期間限定だったのかな? と考えてみたりして1度でも美味しく食べられて良かったと思うことに。

商業施設でもそうですが、東京駅構内のショップの入れ替えの速さには毎回びっくりしてしまいます。

 

東京出張中、結構行き当たりばったりでお土産を

(ほとんどお菓子ですが)物色する時間が好きです。

これが自分流最高に楽しい出張の締めくくりです。

 

東京では1日にどれだけ新しいお菓子のお土産が生まれて

どれほどのお土産たちが消えてなくなっていくのか…

想像もつかないけれど、もらうのもあげるのも嬉しいし楽しい、根っからのお土産好きです。

お土産を探しながら迷うのも好きなので楽しんでしまい、ついつい買いすぎてしまっては

「まあいいや」と多すぎたお土産を自分用に消化することを許してしまうお土産好きなのであった。

さてと、次は何買おうかな。

 

コムンチョバコラム29  

 

 

 

 

JUGEMテーマ:モブログ

author:Chia.H., category:お店のこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
耳栓

写真は日没と競争しながら耳栓して芝刈りする夕暮れ時の一コマ。この時間帯の樹々のシルエットは美しい。

 

耳栓はいろいろあって面白い。

実は結構な耳栓マニアでして新しいのを見つけるとつい買ってしまうんです。

先日も出張先で立ち寄った商業施設の旅行アイテムコーナーで見つけてしまいました。

飛行機移動で悩ましい「耳抜き」が着けているだけで出来てしまうという

なんとも素晴らしい耳栓。

 

「おっ!」と思って買ったは良いのですが、

よくよく考えると私、云うほど飛行機には乗らないぁ…。

妻は耳抜きが苦手で以前北海道へ行く時も死にそうに辛かったといい、

その為飛行機移動は出来る限り避けています。

ならば妻にあげれば良いのでしょうが、そこは耳栓マニア。

コレクションに加えたいのです。すまないね。奥さん。

あなたは確か、直ぐに外れるからひもで繋がってる耳栓がお好みでしたね。

それ、買ってあげます。

 

脱線しましたが、買ってしまって嬉しくて早速移動中、装着すると

「おお!素晴らしい。」

スーッと圧が抜けた気がしました。結構暗示にかかりやすいタイプかも知れません。

バスに乗っていたのですが(笑)

気分は飛行機でした。

 

この耳栓、値段はごく一般的な耳栓の倍程するのですが、

耳抜き苦手な方はパッケージ見ただけで飛びつくでしょうね。

だからと言ってこの耳栓使えば「圧」が簡単に抜ける…

てなことはないみたいです。(念のため)

少し固めな耳栓なので睡眠時の使用にはちょっと痛いかな…。

私のような耳栓好きは慣れればどうってことないので、おかげ様でぐっすり眠れました。

まあ、もともとどこでもいつでもすぐにぐっすり眠れるタイプですけれど(笑)

 

マニアだコレクションだと生意気な事云ってますが、常備しているのは4〜5種類です。

長期保存しても劣化してしまいますからね。

それでも持っているモノ、それぞれ着けた感じが違っていて楽しいです。

 

音楽用で音程が変わらない為の耳栓とか

楽器ごとに違うおすすめの耳栓もあるようなので

今度こっそり買ってみようかなと企んでいます。

密かに集めようなんてここで言ったらぜんぜんこっそりじゃないけれど。

 

動物や鳥の声だけ選別して聞こえる耳栓…何ていうのもあれば楽しいだろうなぁ。

奥さん、それプレゼントしたらきっと喜ぶだろうな。

 

コムンチョバコラム28   

 

JUGEMテーマ:モブログ

 

 

 

 

author:Chia.H., category:お店のこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
氷点下

写真は11日の雪の朝の庭と前の公園の雪景色。電線が雪の綱になっているのが面白い。

 

バレンタインがどうのこうのという時期は暦の上では春でも実は一番日本が冷える季節のようで。

1月に入り、旭川では氷点下29.5摂氏温度(!)というこの冬全国最低気温が出ていましたね。

氷点下30度近いってどんな世界でしょうか…

外で飼われてる犬は大丈夫なのか?凍死しないか心配です。

野良猫さん達も無事にどこかで暖を取ることが出来るのだろうか…

車は動くのか?昔氷河期が来るという地球滅亡危機をテーマにした映画でヘリコプターがメキメキ凍って空中でプロペラが凍り、エンジンが止まり、墜落するシーンをみたことを思い出しました。怖い…

街の中は音がしてるのだろうか… とか色々なことを考えてしまいます。

つい一週間ほど前も関東方面は雪になり、東北でも積雪が大変でした。

ここ三田でも久しぶりにぐぐっと冷え込み灯油とガスの消費量が半端なく、ガソリンスタンドへ灯油を買いに走りました。

 

昨年こちらでも氷点下7度(まだ可愛いものですけれど)の時に

北東に位置する水道管が凍結してしまい、そちら側の水道からは水も出ないし、

トイレもタンクに水が溜まらず使えなくなったことがありました 。

犬も猫も普通に歩いて車も普通に走っていましたが…。

たまたまその日は他の工事に入ってもらっていたので、ついでに凍結防止の電熱配線?をしてもらいました。

なにかと本当に物要りです。

 

以前テレビで観た「世界一寒い町」という番組は確か氷点下50°超えるといっていた気がします。

それでも町の人たちはその街唯一の体育館にバレーボールをしに出掛けて行くというタフさ。

そして同時に「世界一暑い街」も紹介していたので観ましたが、暑いところでも寒いところでも自然環境に関係なく

そこに住む人々は自分達のその街がとても好きなのです。

そこが一番印象に残っていました。

年が明けてから気が付くと少しずつ確実に日が暮れるのが遅くなっているのを感じます。

日が昇るのもどんどん早くなっていますね。

 

寒い話を書きながらいうのもなんですが 早く暖かくならないかな。。。

コムンチョバコラム27 2019/02/15

 

JUGEMテーマ:モブログ

author:Chia.H., category:お店のこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -