RSS | ATOM | SEARCH
有機農業教室その2(5月茄子とピーマン)

さて、前回自宅の圃場で定植したサトイモの畝とジャガイモの畝が

ひと月放置でこちら。

 

手前のサトイモの畝は雑草だらけで何も生えてないように見えます。

先生に尋ねたらサトイモは成長がゆっくりなので、とにかく雑草を丁寧にこまめに取り除いてあげるようにと言われました。

ジャガイモはびっくりするくらい元気に育っています。でもこちらも雑草を取って土寄せが必要。

 

授業では土作りさえ上手に出来たらあとは土が野菜を育ててくれるので水も何も要らないとのこと。

云われた通り放置していてこのジャガイモの美しい葉を見ると本当に感動します!

 

しかし、今日は昨日の授業の夏野菜用の畝を作るため奥のぼうぼうの雑草を草マルチように刈り、チマチマした細かい雑草は綺麗に取り除き、ジャガイモとサツマイモの畝も土寄せしないといけません。

 

とても一人で1日で出来るとは思えず、幼馴染のMちゃんを助っ人に呼んでおばさん二人で頑張りました。

 

写真が横向きですが、ここまで草を取り除くのに5時間かかりました。

土の中に細かい雑草がたくさん隠れていてこれをしっかりと取り除かないとせっかくの有機農業がうまく出来ません。

本当に気の遠くなる作業です。奥の畝4本分くらいのスペースはとてもじゃないけれど無理でした。

当面使う畝の場所だけでもと思いましたが、この日、4本の畝を予定していたのに、3本しかできず、残りの1本は雑草がまだ土の中に混じった状態で翌日夕方頑張ることに。

 

前回紹介したコンセプトの

 

誰でもどこでも簡単に…

の簡単というのはこの面倒くさい草を取り除く作業を乗り越えた者だけに与えられる言葉でした。

 

この日、夫は膨大な量の木塀、木柵、デッキ、門、テーブル、などのペンキ塗りをしてくれていたのですが、以前自分達でメンテナンスをするからと工務店の方に指導して頂いたとき、ペンキは実際に塗る作業よりも数十倍大変なのが養生だと工務店の方から教わりました。この養生がきちんと出来たらもうペンキ塗りなんて終わったようなものですよ、と。

農業も同じだと思いました。

 

良い土を作るための欠かせない作業が丁寧に雑草を取り除いた土で作る畝なのです。

この土に配合を適度に守って5層の蒲鉾型に畝を立てればもう放っておいても野菜は美味しく育つのです、と先月も今月も繰り返し教わりました。

 

Mちゃんはあと1時間で帰らなければいけないので大急ぎで畝を3つ立てて、とりあえず一つの畝に間引きしたジャガイモの芽を等間隔に刺してから彼女を駅まで送り、戻ってから買っておいた茄子×3、ピーマン×3、セロリ×1、キュウリ×3、オクラ×2、ゴーヤ×2株を定植し、指で丸くドーナツ状にくぼみを苗の周りに着けてひしゃく1杯のお水をかけ、上から燻炭一掴みを薄くまき、苗を挟むように畝に直角に刈っておいた草でマルチを掛ける。という作業を暗くなるまでギリギリセーフでやり終えました。

 

まだトマトと枝豆の苗が残っていますが、日曜日に仕事が終わってから夕方に頑張ることに。

雑草取りから土耕して畝割り、5層の畝立て、定植、草マルチ、の作業を17:00〜出来るかは不安ですが、出来るところまで頑張りましょう。

写真は3畝分の作業がもう少しで終わる、草マルチを途中までかけたところ。

 

     

author:Chia.H., category:むんちょばすたいる, 22:55
comments(0), trackbacks(0), - -
有機農業教室その1(4月のスタート)

4月から始まった神付有機農業教室の体験コラムをひと月遅れでスタートします。

9年前にこの土地にやってきて見よう見まねで小さな畑を作り、自然農法を心掛けてあれこれ農作物にチャレンジしていましたが、いかんせん農業の知識が皆無なうえに、店の移転へ向けての庭造り、設計、古民家丸々の大型リノベーションなどで畑に関しては片手間にしか時間を掛けていなかったというのが正直なところでした。

 

畝だって、樹木の剪定をお願いするときに小さな耕耘機を持ってきてもらい、適当に耕して畝作ってもらうという情けなさで、実際に鍬を振り、畝を自分で立てて、ということを早々に諦めていたことを大いに反省し、基本の「き」からしっかり学び、畑だけでなく、この土地全体がよろこんでくれるような、土作りをしたいと心から思ったのです。

 

ゲストハウスのレヴェを実現することを最優先にこの10年以上を費やしてしまい、同時に庭も畑も果樹園もとは思っていても、自然はそう思い通りにはいかず、結局農業は最後に残してしまったというのが実状ですが、これからの10年、20年の私たち夫婦の余生をかけて大地に良い農法で自分たちの土地を改良し、その土地が育ててくれる作物を頂くという最大の贅沢をレヴェを愛して下さる皆様と分かち合いたいと思っています。

 

長くなりましたが、そんな思いで初回の授業を受けたのでした。

写真は持参する鍬や長靴などを出掛ける前にチェックしているところ

 

教えて下さる保田教授と西村先生のお話は本当に興味深く面白いものでした。

 

午前中半日かけて有機農業の歴史、現状、農業に関わる様々な情報、大地の汚染、母乳の汚染、今ここにある危機などのお話を座学で学び、午後の半日は近くの圃場へ移動して実習です。実際に草ぼうぼうの圃場に生徒1人に5mの畝が与えられ、そこを整備し、畝を立て、定植し、収穫するという学びの場です。

 

我が家の圃場のようにカッチコチに乾ききった私の脳みそに先生のお話はどんどん浸み込んでゆきますが、情報量が多いので、まるで洪水のように押し寄せてこれをこぼさないようにそっと家に帰るなんてとても出来ません。

 

終日の授業が終わった夕刻、帰りにホームセンターへ寄り、教わった資材を買いあさり、とにかく少しでも自宅の畑で復習します。

写真は草ぼうぼうでカチコチの我が家の圃場

 

でもすぐに日が暮れて圃場にいられなくなるので、今度はノートに実習の工程をリスト化してまとめ、もう一度頂いた資料をじっくりと読み返すことでようやく「そういうことかぁ・・・」と自分の中に納まるという感じです。

草を丁寧に取り除き、ミツ鍬でエッホエッホと耕しこの日はこれで終了。翌日、サトイモとジャガイモの2畝を定植しました。

 

しかし、この日は大興奮でこんなにも農業の学びが楽しく心地よいものだとは知らなかった!

各家庭でこの農法を庭でもベランダでもどこでも実行すればその地域はとても良い香りのする地区になるなぁと感動しました。

 

この感動の元は「保田ぼかし」です。そして「完熟牛糞」。

農作物にとって、おかずとごはんに当るものが「ぼかし」と「牛糞」だそうで、これが土壌のバランスを整え、お野菜を上手に育てる土を作ってくれるのですが、この農法の圃場はなんとも香りが良いのです。

 

フルーティで美味しそうななんともいえない良い香り。

 

このぼかしも自分達で来月使う分を仕込みました。

 

今回教えて頂く有機農法は

誰でも・どこでも・簡単に・低コストで・本当に美味しい作物が 出来る!というもの。

 

ど素人の私でも・この小さな自宅の圃場でも・仕事をしながらお手軽に・お金を掛けずに・美味しい野菜が 作れるのです!

 

すごいことです。

 

金曜日に授業を受けて、翌土曜日にお店をお休みして農業の復習日(自宅の圃場で農作業)というスタイルを毎月10か月続けます。さて、学校の畑と同じように、我が家の畑でも収穫までうまく到達出来るのか…

どうぞ皆様つたない報告コラムですがお付き合いの程よろしくお願い致します。

 

 

 

 

author:Chia.H., category:むんちょばすたいる, 22:31
comments(0), trackbacks(0), - -
デッキ下の作業スペースの雑草対策

 

先日、3月の半ばのある日の朝から友人とやってみたことのご報告。

 

     

 地面に砂利敷いていたのですが、雑草が半端ないので…

 

 

 

 

   

友人と二人で砂利を少しずつ移動しながら防草シートを敷き

その上にスコップで移動した砂利を載せるを繰り返し…

 

 

 

その後、足で砂利をならすこと数十分…

 

 

 

おばさん二人でよくやったと褒めて下さい(笑)

疲れすぎて完成後の写真撮り忘れたのはご愛嬌ということで。

 

こうして報告してみるとあっさりとした内容ですが、

やっていた本人たちはものすごいでっかい仕事をやり遂げた感満載でした。

あれから雨・春の陽気・雨。陽気と繰り返し、草木も花芽もどっと吹いてきましたが

ここには雑草一本生えてません!嬉しいです!

author:Chia.H., category:むんちょばすたいる, 15:55
comments(0), trackbacks(0), - -
中国薬膳

写真は1/23参加した中華薬膳セミナーの食材と薬膳ランチフルコース

 

日々是好日という映画が少し前まで上映されていて

樹木希林さんを追悼したくて見てきました。

 

毎日を大切に慈しみながら好き日を重ねる人生を生きないと

せっかく生まれてきた今世の自分がもったいないなと思う

そんな映画でした。

 

で、私は以前から日々是養生の実践に奮闘しているのですが

養生とは暮らしの中でも多方面に渡る心がけが必要だと最近特に感じておりまして。

 

全てが理想どうりになんて運ぶわけもなく

心がけていてもこんなに出来ないのだから(私だけかも知れませんが)

無意識に生活していたら養生からはどんどんかけ離れて行くのだろうな…と思います。

 

前回の養生野菜スープもそうですが

口から食するものから身体は出来るもの。

ハーブ・アロマコーディネート・減農薬・無農薬・漢方薬・オーガニック…

生活に取り入れながらもハーブ・アロマ以外のものは完全な独学でしたので

昨年から専門家の元、中国薬膳なるものを学ぶことに致しました。

 

中国医の先生が老舗の中華料理店とコラボされて四季折々のテーマにのって

座学を午前中。実際になかなか家では手に入れられなさそうな高級薬膳食材を使った食事が午後。

終日学びの1日となりますが、その日は満腹になっていても翌日はスラリと気のせいかスタイルが良い(笑)

という中国薬膳セミナーに通っております。

 

そこで今回とても興味深かったのがなまこ。

なまこの生態。

 

なまこってほとんど動かない生き物なのは知っていましたが

90%が水分で体表はコラーゲン。

そのコラーゲンで辛うじて動いているそうな。

海底に転がっているしか出来ないのだから誰かに食べられそうになったり

嵐で石ころのように転がされると大怪我して死んじゃう危険にいつもさらされているのだそうです。

 

しかし、彼らが何万年も生き延びて来られたのはその身体能力。

溶けたり流れたり固まったり…出来るのですって。

 

さらに分裂して再生するという驚異的な生き物だそうで。

 

彼らはスライムのように捕まったらほぼ水になりこぼれ落ちて掴めない状態に変化して

嵐になれば岩場まで水状態で流れていき、岩の隙間に流れ込んだと思うといきなり固まって岩と同化するそうな。

嵐が去るまで微動だにしないように。

 

すごいですよね。

 

そんな生命力あふれるなまこも今回はたっぷりと頂いて参りました。合唱。

 

今年から有機農業も学びに通う予定です。

 

面白い話を聞けたらまた報告しますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:健康

author:Chia.H., category:むんちょばすたいる, 18:11
comments(0), trackbacks(0), - -
野菜ポタージュのすすめ

写真は養生スープ(13種類の野菜をまるごとポタージュにして松の実、クコの実、なつめを加え、黒コショーのみで味い付け)

 

野菜をポタージュスープにすると本当に美味しい。

私は13種類の季節の野菜を集めて作ることにしている。

初めに参考にしたお医者さんががん患者に勧める養生としての野菜スープは4種類だった。

 

毎日飲んでいるうちに13種類に落ち着いた。

 

塩は入れない。

 

野菜を丸ごと水で煮たらブレンダーでポタージュにする。

そこに松の実、クコの実を定番で具として薬味として加えると15種類になる。

黒コショーも粗挽きでたっぷり入れる。

 

手に入ったときはそこにきくらげやハスの実も入れる。

 

夫と飲むときは少量の肉を入れたりもするけれど

とにかく塩だけは入れない。

野菜のだしが利いているから塩を必要としないので。

 

半年たたずに大腸ポリープが出来なくなった。

たいして何の運動もしないのに数キロ痩せた。

服のサイズが下がった。

肌の乾燥が緩和した。

 

お医者様のおすすめは野菜4種類以上だから

そんなにたくさんの野菜にこだわらなくていい。

健康食品やサプリメントを食べる前に

無農薬野菜のポタージュスープを試してはいかがだろうか。

 

簡単だし経済的なので多くの人々にお勧めしたい。

 

JUGEMテーマ:健康

author:Chia.H., category:むんちょばすたいる, 22:34
comments(0), trackbacks(0), - -
記録史上初めてがやけに多い年

写真は台風前の平和な花壇

 

随分と秋を感じられる気配になって参りました。

 

天候の不安定と台風、地震と災害への注意喚起と復興の困難さが

日々のニュースで流れ続けております。

 

先の大雨被害の爪痕が残るなか

またしても猛烈な勢力の台風20号が日本を通過。

続けて21号が関西をガッツリ横断しながら秋雨前線と共に大雨と大しけと暴風で各地に想定外の災害をもたらし

北海道はその台風通過とほぼ同時に大地震が発生。

 

北海道の山は崩れ土砂は流れ、西日本の川も海も氾濫し、高波に海沿いは水没した日本列島。

 

今年の夏はとにかく記録史上1番の暑さとか

統計を取り始めて以来の降雨量だとかが多く

自然災害も頻繁に世界中で発生しています。

 

 

深刻な被災をされている方も大変多く

復旧がなかなか進まない中、次々に発生する台風や大雨に

被害が拡大している地域も例年以上に多い年です。

 

被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

 

レヴェのある兵庫県三田市は比較的災害が少なく

近隣の河川氾濫、土砂崩れなどでは陸の孤島となりますが、

強い勢力の台風が来ても今までは

庭木が1本折れるなどの被害で済んでいました。

 

しかし、先日の台風20号の威力はかなりのもので

剪定しそびれていた株立ちの大木の数本が根こそぎ折れて倒れてしまいました。

 

木を守るために縛っていた太いロープも千切れてどこかへ飛んで行ってしまいました。

 

その20号をはるかに上回る21号が続けて発生し

高波と豪雨と暴風、突風で通り道になる町を次々に破壊して行きました。

 

幸いお店と自宅は無事でしたが

庭の修復をするためのアレコレを調達するべく

近隣のホームセンターを数件はしごしました。

 

どのお店も結構な客入りで

男性客の多くが樋の部品やトタン板などの

家や外構の修繕グッズを購入していました。

 

こう頻繁に大きな自然災害が発生しますと、業者さんは手一杯にお忙しくなりますし、自分達でどうにか修繕するほかなくなります。大木も可能なら自分達で立て直しますし、不安定でダメそうなら鋸でゴリゴリ切り倒すしかありません。

雨どいも壊れたら自分達で(といっても夫がするのですが)直すのがだんだん当たり前になってきました。

ホームセンターにいらした方々も同じように自分達でしておられるのだろうな…。

お疲れ様です。

 

 

なぜか枯れてしまった大切な木々も今年は多く、

来春、復活出来なかった木々は自分達で撤去を工夫して、他の木を植え替えなければならないと覚悟しています。

 

そんな中、テニスの四大大会で初の日本人プレイヤー優勝のニュース。

大坂なおみ選手。

おめでとうございます。

記録の史上初はこういうめでたいことばかりだと良いですね。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

author:Chia.H., category:むんちょばすたいる, 20:58
comments(0), trackbacks(0), - -
名前わからないけど

 

なんとなくお花の少ないところに小さな苗を植えてみたら

こんなに可愛いお花が咲きました

 

植えて良かった♪

 

で、なんていう植物でしょう?

 

こんな感じでじわじわ手当たり次第に植物を植えて見るのがムンチョバ流

 

 

author:Chia.H., category:むんちょばすたいる, 22:37
-, -, - -
薔薇風呂\(^-^)/

5月のReveゲストハウスへの移転を祝ってお客様から頂いたお花たち。

 

その中から薔薇をたくさん抜き取って

贅沢三昧のローズスパを堪能致しました♪

 

気のせいかお肌もしっとり。

お風呂上がりの心も身体もいつも以上ににっこり。

 

華やかな気分でご機嫌さんです♪

 

 

そのあと残りのお花でポプリも作っちゃいました(^ー^)

 

author:Chia.H., category:むんちょばすたいる, 10:22
comments(0), trackbacks(0), - -
柿と大根のナマス
DSC_0536.JPG
庭の柿でナマス、作りました。
最高に(笑)美味しい!

今の季節
旬のものは身体が求めるのでしょうね🎵

柿があるうちに
せっせと作ることに致します。

大量に柿があるおうちには
おすすめです(^^)

おばんざい、万歳!

リラクゼーション&ケアレヴェ
author:Chia.H., category:むんちょばすたいる, 08:43
comments(0), trackbacks(0), - -
可愛すぎるじゃないか(笑)

DSC_0406.JPG
お庭の柿を
せっせとむいていたら
視線を感じて
目が合った(笑)

くりっくりおめめでにっこり…

か、可愛いじゃないか!
出合いの秋ですな。

author:Chia.H., category:むんちょばすたいる, 00:52
comments(0), trackbacks(0), - -