RSS | ATOM | SEARCH
甘いものと寒い朝

冷たく冷え込む寒い朝。

起きたばかりの体には、少し甘い玉ねぎの味噌汁がしみじみ美味しく細胞の奥深くまで染み渡る。

 

お店の朝は、夜が明ける前に一度、窓を全開にして風を通し気を調えるので、それはそれはよく冷えています。

これも 一つの儀式のように創業以来 欠かさず続けているルーティーンワーク。


少し甘いスコーンもこんな冷たい朝には最高です。

起きてすぐの糖分は 賛否両論いろいろ 言われていますけどおいしいのだからもうしょうがない。

 

朝から汁物を炊く時も

朝一番にデザートを焼くときも

甘さを想定して仕込みます。

昼や夜とは違う ほのかな甘さが良いのです。

しみじみこころとからだに行き渡り、静かに穏やかにスイッチをいれてくれる、そんな甘さ。


北海道の北見の朝は氷点下20℃、最高気温も−6℃。

この辺りまで冷え込む場合、どんな甘さが良いのだろう。。。

どなたか教えていただきたい。

甘い辛いと言ってる場合ではなく 窓が開かないとか 玄関が埋まってるとかもっとのっぴきならない状況だろうか…。

 

私の生まれた札幌では記憶の限りそこまでは寒くなかったので、みかんを玄関に置いておくと丁度良い凍り具合でとても美味しかったことを覚えています。

 

子供の頃は凍っても味が薄くならないことがなんだかとても不思議でした。

今、あの頃の自分に教えてあげたいものです。

冷凍みかんは今のうちにもっと食べとかないとそのうち販売されなくなっちゃうよって。

 

昭和40年代、小さかった私は両親の生まれ故郷に帰るとき汽車( 電車かな?)の旅路で駅弁と一緒に冷凍みかんを買ってもらうのがひそかな楽しみでした。

当時、凍ったミカンはれっきとした旅のお伴の人気商品だったものです。

 

寒い朝と甘いものの話が、いつのまにやら冷たくて甘いものの話になってしまいました(笑)

 

久しぶりにみかんをちょっと冷凍庫に入れてみようかな。

 

 

写真は積雪の庭。寒い朝。

 

 

コムンチョバコラム5

author:Chia.H., category:お店のこと, 00:19
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.relax-reve.com/trackback/1259739