RSS | ATOM | SEARCH
おむすび

今回はおむすびの思い出を。

 

「おにぎり」より「おむすび」の方が 美味しそうに聞こえるのは自分だけだろうか?

「おむすび」と聞くと、いかにも手で握ってくれてるようでありがたい気がするのだな。

 
「おむすび」人気投票があったら自分はナニに投票するだろう。

やっぱり鮭かな。タラコも結構いい順位に挙げるだろうな。。

 

北海道の岩内と言う港町で食べた筋子の「おにぎり」は めっぽう美味かった。

これは確か品書きが「おむすび」ではなく「おにぎり」だったから「おにぎり」と書く。

 

岩内では実際どの具でもおおよそが朝獲れたてでとにかく旨かった。

たらこも鮮度のいいものは白っぽくてとても美味しい。

スーパーマーケットのたらこのような色鮮やかな赤ではないのだ。


コンビニの「おにぎり」や海苔巻きは、海苔の処理を各社おのおの工夫を凝らしていて面白い。

海苔が湿気てしまわないよう知恵を絞り、パリッと食べたい我々の気持ちを叶えてくれている。

あんまり買うことは無いけれど、最近の総菜コーナーにある「おにぎり」の種類の多さや包装の進化には目を見張るものがある。

 

とは言うものの、海苔が少しぐらい湿気っていたっておかあさんが握ってくれた「おむすび」の味は別格の思い出だ。

忘れようったって忘れられない。

 

あの味を思い出すだけで行った場所とか風景までもが脳裏に甦るという、誠に不思議な食べ物。

それがおかあさんの「おむすび」なのだ。

まさに、「最強」の「おむすび」、

ナンバーワンである。


そんな思い出も結びついているからだろうか。

やっぱり「おむすび」は、機械じゃなくて手で握って欲しいと思うのだ。

せめて自分が食べる「おむすび」「おにぎり」だけはね。

 

私たちの時代、アルミホイールに包んでくれてリュックに入れると形がぐしゃぐしゃになっていたけど、リュックから出して出先で頂く「おむすび」はやっぱり美味しかった。

 

うーん。こんな話をしていたら食べたくなってきたではないか!

さてさてちょっくら握ってみるかな。。。

 

写真は特製おむすび御膳

コムンチョバコラム11

author:Chia.H., category:お店のこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.relax-reve.com/trackback/1259752