RSS | ATOM | SEARCH
えんがわ
写真はレヴェゲストハウスの縁側
縁側(えんがわ)
今頃はすっかり少なくなった縁側
将棋をさすおじいちゃんがいた縁側
スイカの種を飛ばす子供らがいた縁側
ネコとうたた寝をしているおばあちゃんがいた縁側
ニワトリが横切り犬が吠え子供が騒ぐ縁側
見ないなぁ!最近…いや、 昔もそんなに見なかった気がするから
我々世代の縁側の記憶って実はドラマや映画の世界で見ただけの記憶かな?
でもこんなに絵になる風景は そうそうないと思う
そう思い、憧れの軒の深い縁側を店にも作ってしまったわけですが…
最近の住宅地はどこも都会のように隣の家との距離が近いので
庭を楽しむ縁側を作るよりもっと家を広く部屋を増やし
駐車場を数台分確保する人が多いのもわかる気がする
今の時代にはプライバシーの確保を考えると中庭にする方があっているかも…
最近の建築物は気密性が高いのが売りという物件が増えているようで
線路沿いの戸建てでも窓を閉めれば全く騒音に悩むこともないそうな
室内換気も素晴らしく空気がきれいで電車の音も車の音も全く入ってこないのです
昔から仕事で音楽用スタジオの中に入ることが多かったのですが
最近の気密性が売りの室内循環空調システムの戸建てモデルハウスを見学した時
あの音の漏れないスタジオの密閉空間と少し似ている気がしました
これから先、映画の中の民家イメージは
どんな風に変わっていくのかと興味が湧きます
縁側のある風景を演出する時はそのお話の時代背景をはるか昔のイメージに
繋げたい時に使われるようになっていくのかもしれませんね
まだ少し早いけれど、木枯らしに吹かれながら
縁側に腰掛けて食べる 焼き芋は美味いだろうな
コムンチョバコラム21

JUGEMテーマ:日記・一般

author:Chia.H., category:お店のこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.relax-reve.com/trackback/1259766