RSS | ATOM | SEARCH
時を経ても蘇る感覚について

写真は神社の公園にある大好きな木々。五感に心地よい刺激をくれるご神木と共に暮らす幸せに感謝。

 

40年前の音…
好きなアーティストの「アルバム発売40周年記念」と言うコンサートに行ってきました。

 

40年ですよ!40年…。

 

音楽のジャンル分けさえはっきりせず、楽器の音もあまりよく知らずに聞いていた音楽でも

 「あの感じ」 というのは 憶えているもので我ながらその記憶にその感覚に感動しました。

自転車や泳ぎは何年経っても忘れないというのと同じ感覚でしょうか。

 

職人さんが目が見えにくくなってきたのに手の感覚だけでも手元が狂わない、 みたいなものなのかな。

少し違うな…

でも懐かしい音が聞こえてくるとその時のその時代の匂いまで感じられる気がしてくるのがとても嬉しい…
 

当時は今聞いているものが何なのか意識もせずただ心地よいというだけで聞いていたものでしたが

知識を身につけることでより深く感じることができるものだと今回のコンサートで実感しました。

なんだか心底感動し、しみじみと感慨深い夜となりました。

 

これは「味」にも通じると思います。

 

食べ物の原形を知って自分で育ててみると尚更美味しく感じられるもので

一層その料理を大切に思えることで食事の楽しさが増すのです。

 

この時、咬んでから鼻からの匂いを意識しながら食べると呆け防止の効果も期待できるらしい。

嗅覚といっても鼻からの匂いと口から飲み込むときに香る匂いが脳に与える影響もなんだか違うそうな…

おっと、この続きはいずれまた…。

 

ご飯食べながらスマホ見て原稿書いてる場合ではないのだ。

しっかり食事の香りを堪能するために「ながら食べ」は卒業しなくてはいけないと強く反省しました。

 

早いものでこのコムンチョバコラムも月二回配信させていただき12か月、丁度1年経ちました。

お付き合い下さいました皆様に深く感謝申し上げます。

 

来年度はどのような形で皆様にお会い出来るか現在試行錯誤しておりますが、

どうぞこれからもレヴェをよろしくお願い申し上げます。

 

コムンチョバコラム24

JUGEMテーマ:日記・一般

 

author:Chia.H., category:お店のこと, 01:00
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.relax-reve.com/trackback/1259769